Real estate

災害のリスクを減らす

家を持つことによるリスク

先の大震災、2011年3月11日は記憶に残る大災害で沢山の死者を出し人々の心に沢山のダメージを与える事になった。家族を無くした人、家も車も何もかも失った人も大勢いることだろう。災害が合ったときに、幸いな事に生き残った人達もいる。とはいえ、生き残った人にも、その後試練が待ち受けていた。それは、復興の問題である。復興と聞くと積極的なイメージを持つことだろう。確かに、元の生活に向けての良いスタートを切る事が出来る訳だから良い事には違いない。しかし、物事はそうはうまく行かないのである。それは、住宅再建の問題である。この問題は、あまりにも沢山の要素が関係しているため、今でも解決にはこぎつけていない被災者は多い。では、今後このような震災に備えて特に住宅問題で何が出来るだろうか。一戸建てか賃貸マンションの方が良いかに迫ってみる事にしよう。

自宅は賃貸マンションを選ぶ

今後マイホームを購入しようと考えている人なら、賃貸マンションにするのはどうだろうか。購入するマイホームは、失われる財産になり兼ねないという事を考えれば、そのような選択肢も現実である。また、賃貸マンションであれば、倒壊した時にはそこで何が何でも再建すると考えなくて良いのである。これも震災にあった被災者のメンタルな問題に大きく関係してくる事で、震災後住んでいた場所がトラウマになって、そこに住みたくないという意見がみられるからだ。こうなると、せっかく購入したマイホームも足かせになってしまう事につながる。このように、上記にあげただけでも賃貸マンションの方が精神的、金銭的負担が少ない事が理解出来ただろう。もし今、住宅購入で悩んでいるなら、これらの意見を参考にしてもらいたい。