Real estate

賃貸物件の修繕

大家の方にお願いしたりする

賃貸マンション不動産物件の場合には、大家の方にお願いしたり、不動産会社の方にお願いしたりして、修繕をしてもらいます。 借りてる人が費用を負担することはないです。 自分で壊したりしてしまった場合は費用の負担は必要になってきますが、賃貸マンション不動産物件の場合は、自分で故意でない限りは負担する必要がないです。 それに古くなってきた場合には、そろそろ引越しをして新しい賃貸マンション不動産物件に住むという選択肢もあります。 新しい賃貸マンション不動産物件に住むと室内も新しくなるのでいいです。

分譲住宅の場合は自分で負担

しかし分譲マンション不動産物件や一戸建て不動産物件などの場合になるとどうしても室内の建具や設備が壊れたりした場合は、負担するのは自分になります。 修理の費用などの負担や修理をしてもらう業者の依頼などや日程を決めたりするのもすべて自分で行なわないといけないです。 だからいつ負担をしないといけない時期がくるのかわからないので、貯蓄はしっかりとしておかないといけないです。 分譲マンション不動産物件の場合ならば室内以外のマンションの中の部分はマンションの管理になるのでマンション側にお任せすることができますが、一戸建て不動産物件の場合になると、すべて自分で負担をしないといけないです。 だからどんなことがあったとしても自己負担です。